Life / Exhibition

I take pictures of simple chairs and tools that I find on a trip or in the countryside and archive them.
These have no particular design concept and I see pure and innocent attractions in their form.
Some of the reasons for “innocence” are that you can glimpse the daily life of users and unknown designers rather than their commercial ambitions. I do not yet truly know why they attract and inspire me so much.
My feelings that I want to be closer to that “innocence” are reflected in this chair.

私は旅先や田舎町でときに見かける、誰が作ったかもわからないような、素朴でデザイン的配慮がされていない椅子や道具を写真で撮り溜めています。なぜかその素朴な道具たちに清らかな魅力を感じてしまうのです。使い手や作り手の生活が見えること、経済的な野心が見えないこと、限られた素材で工夫されて作られていること。
いろんな理由がその「清らかさ」の要因なのでしょうが、いまだに本当のところはよくわかりません。少しでもその「清らかさ」に近づきたいという思いをこの椅子に込めています。

2009

chair