Rosendal / Turn

While I was walking through Rosendals Trädgård in Stockholm I discovered a small hut and was surprised by the door handle that was attached to it. It was a very simple thing, made by bending a metal rod and crushing it flat with a hammer, but it was very beautiful.

 

Based on that experience and inspiration, I made a prototype by flattening a steel rod with a hammer in my studio, slowly giving it form, little by little.

スェーデン在住のガラス作家、山野 アンダーソン 陽子さんに連れられて、ストックホルム郊外のローゼンダールで森歩きをしたときに、道の傍に立つ古い小屋に取り付けられていた簡素なドアハンドルを見つけた。それはどこにでもあるような鉄の棒を曲げて作られたもので、手にあたる部分が少し平たくなるようにハンマーで叩かれたものだった。その時の森の静寂もあってか、それはとても美しいものに見えた。
幾年か後に、新しいドアハンドルの依頼を受けた際、あの時のストックホルムでの体験を広く知ってもらえるようなデザインを思いついた。あの小屋を作った人がそうであったように、スケッチや図面を描かずにハンマーのみで棒を叩き、曲げながら少しづつ形を決めていった。時間に耐え、長く使えるドアハンドルになったのではないかと思う。

Turn / 2018
www.turn-handles.com

>Category
Door handle

>Assistant Designer
Kengo Sasaki

>Photo
Turn