VOICE / LICHT EDITION series

Based on the theme of “listening to the voice of the material”, the object “VOICE” was created through repeat manual trials to “force an accident” that cannot be created naturally in one’s brain. It isn’t really for any functional use, but it’s natural tension and structure allows you to use it as a stool. Material selection began with knitted mesh, but I finally opted for expanded metal. It has a chrome gloss finish, or it comes in red or black, reminiscent of a 3D drawing. This item is part of the “LICHT EDITION” series, produced by the design gallery, LICHT.

「素材の声を聴く」というテーゼのもと、頭で考えるだけでは生まれない「アクシデントを起こす」ための手作業のトライアルを繰り返して生まれたオブジェクト「VOICE」。用途を前提に生まれたものではないが、自然に生まれた張力に基づいて形作られているため、スツールとして腰掛けることを可能とした構造を備えている。マテリアルの選定は金属メッシュから始まり、最終的にエキスパンドメタルへと着地した。金属であることをストレートに視覚化するクローム光沢と、まるで3D図面を彷彿とさせる塗装色で展開される。デザインギャラリーLICHTから発信される作品”LICHT EDITION”として発表された。

 

LICHT EDITION 第二弾 「VOICE」EXHIBITION
会 期:2021年11月20日(土)〜28日(日)13:00〜18:00
会 場:LICHT gallery

[VOICE] LICHT EDITION series / 2021
→ LICHT website
→ Interview

>Category
art piece (stool)

>Assistant Designer
Kengo Sasaki
Yui Soma
Shoko Hirasawa
Chialing Chang
Ann Hsu
Huy Pham

>Photo
LICHT