Touch / AGC Asahi Glass

We were approached by AGC Asahi Glass to collaborate with them and with London based design studio Raw-Edges to create an exhibition during Salone del Mobile 2017.

 

The exhibit―titled “Touch”―places a focus on “The Feel of Glass,” which is inspired by the human sense of touch. We were quite puzzled by the theme of ‘Touch’ as from early age we are taught not to touch glass directly as it is fragile and shouldn’t be left with marks. And now, we should encourage the visitors of the exhibition to do just the opposite.

 

These works of design, which are exploring new aspects of glass production such as special coating and unique methods of expression, hopefully inspire a new approach toward glass and open the door to exciting possibilities for this versatile material in our everyday lives.

私たちの誰もがよく知っているガラスという素材。
古くから生活のそばにあり、日々の暮らしの一部として住宅や高層ビル、自動車に至るまで、さまざまな種類のガラスが用いられています。
そして近年、スマートフォンの登場により私たちは多くの時間をガラスに触れながら暮らしています。
触れられることに適していなかったガラス素材は、指紋を残しにくい表面加工や素材強化の技術進化により、これを受け入れることに成功しました。
時代に沿ったガラスの変容は、研究開発と加工法の進化の道のりとも言えます。

 

今回、我々はガラスに「触れる」という行為に着目することで、人々を新しいガラス体験に導く幾つかのオブジェを作り出しました。
ガラス特有の加工や表情が散りばめられたそれぞれの作品は、それらを体験する人々に新たな知識とインスピレーションを与え、素材の可能性を拡大し、人々の暮らしに近く寄り添う新しいガラスの在り様を指し示します。

 

Touch
2017

Drum / Seesaw / Touch mobile

Assistant Designer:
Miyu Ikeda

Manufacture:
AGC Asahi Glass
www.agc.com

Photo : Akihide Mishima

Movie : JIN KURAMOTO STUDIO