Touch / AGC Asahi Glass

We were approached by AGC Asahi Glass to collaborate with them and with London based design studio Raw-Edges to create an exhibition during Salone del Mobile 2017.

 

The exhibit―titled “Touch”―places a focus on “The Feel of Glass,” which is inspired by the human sense of touch. We were quite puzzled by the theme of ‘Touch’ as from early age we are taught not to touch glass directly as it is fragile and shouldn’t be left with marks. And now, we should encourage the visitors of the exhibition to do just the opposite.

 

These works of design, which are exploring new aspects of glass production such as special coating and unique methods of expression, hopefully inspire a new approach toward glass and open the door to exciting possibilities for this versatile material in our everyday lives.

2017年のミラノサローネ、ロンドンのデザインスタジオRaw-Edgesとの協業のもと [Touch] と題したAGCの展示会を開催した。
世界最大規模の板硝子メーカーAGCから提示された企画は「ガラスの感触」に焦点をあてるというものでしたが、幼い頃から窓ガラスに直接触れないよう教えられて育った私たちは当初「触れる」というテーマにかなり困惑しました。しかしAGCの工場や開発室を頻繁に訪れ、技術者と議論を重ねるうちに、今日では強化ガラスの革新的技術や特殊な防汚処理コーティング、ユニークな視覚表現方法などによってガラスは既に我々の日常生活と密接な距離にあることを学びました。

 

我々が製作したいくつかのオブジェクトは、楽しみながら人々の知覚を刺激し、日常生活に知識とインスピレーションを与える存在であることを願ったものです。ガラス製の大きなシーソーに揺られる楽しさ。ガラスを叩いて音を出す新体験。反射や色調変化など表面効果が様々に移り変わるモビール。各々のオブジェクトにはガラス素材の研究開発と加工技術の進化によって生み出された原体験的な楽しさが込められています。

AGC Asahi Glass / 2017
www.agc-milan.com/mdw/2017

>Category
Drum / Seesaw / Touch mobile

>Assistant Designer
Miyu Ikeda

>Manufacture
AGC Asahi Glass
www.agc.com

>Photo
Akihide Mishima

>Movie
JIN KURAMOTO STUDIO