COSONCO QS

コソンコクス

 

北海道旭川市の木工家具ブランド「カンディハウス」と北海道砂川市で馬具・皮革製品を製造している「ソメスサドル」。
その両社が長年、頭を悩ませていた製造過程で大量に生じる端材に着目し、日常の傍で豊かに佇むオブジェのコレクションをつくりあげた。

 

ものづくりのプロセスでどうしても出てしまう端材。この端材に再び命を吹き込むプロジェクトに参画してほしいとの打診を受け、初めて両社の工場を訪れた時、その端材と呼ばれている材料の高い品質に驚いた。家具や馬具は比較的大きな製品である為、そこから生まれる端材も大きい。そしてそれぞれが最高品質の木と革を使用しているため、私が手にしたそれはもはや端材と呼んでいい物ではないとさえ感じた。
当初、一般的なインテリア小物から始まった製品企画はやがて、少しだけ機能を携えたアートオブジェへとアプローチを変えた。用途や機能を持たない存在ほど、そこに趣向性が生まれ、素材をより価値あるものに変えてくれるのではないかと思ったからだ。我々はそれを「Functional Toy」という言葉で呼ぶことにし、与えられた木と革に敬意を払いながら、人々の心や空間をより豊かにするいくつかの作品をつくりあげた。

COSONCO QS / 2022
→ COSONCO QS website

>Category
Art object

>Assistant Designer
Kengo Sasaki
Takuto Kurashima
Liu Shanshan
Saki Tozawa
Shinji Hishida

>Art Direction
Haruhiko Taniuchi (desegno)

>Photo
Shinsui Ohara